アルツハイマー

アルツハイマー病の原因は、脳のゴミ😱
アルツハイマー病患者の脳は、
脳萎縮に加えてその表面に銀色のシミが大量に浮いている😱
このシミは「アミロイドβ」という粘着性のたんぱく質🌀
本来なら体外に排出されるが排出がうまくいかなくなると
蓄積が過剰となり、アミロイドβは巨大化して脳の表面に溜まり
強力な神経毒を放つ🌀
アミロイドβが付着した神経細胞の内側では
「タウ」というたんぱく質が増加し
蓄積していく🌀
タウの蓄積が進むと神経細胞内での情報伝達が阻害される🌀

タウ持つ良い毒性を持つ🌀

🌀アミロイドβとタウ ふたつの異常たんぱく質の蓄積が アルツハイマー病を引き起こす直接的な原因🌀
アルツハイマー病は、発症するまで自覚症状がない😣
発症した時点で 「アミロイドβの蓄積」は、最終段階まで進行してしまっている😣
アミロイドβの蓄積は、20年以上の長い時間をかけて進行している😣

アミロイドβを生み出す原因を把握し、 発生と蓄積を未然に防ぐことこそが アルツハイマー病の予防です🎶
若年性アルツハイマー病が増えています🍀

前の記事

アルコール

次の記事

負けない身体づくり!